家を塗り替えれば本当に家が長持ちするのでしょうか?グラスサラでは 長く住める家をコンセプトに提案できる雨漏り・防水・外壁塗装の専門店です!

保証について

  • HOME »
  • 保証について

工事保険の完備

工事後の保証・保険については、
お客様にとって気になるところだと思います。

基本的に、あってはならない事であり
細心の注意を払うべきものですが万が一の場合を想定して物品の破損・
第三者災害による怪我を負わせ
た場合に適用できる
工事保険に加入しています。

また、職人さんが怪我をした場合でも労災保険と民間の傷害保険
にも
加入しており、お客様にご迷惑をかけない環境を整えています。

image002

第三者保証についての説明

 

住宅瑕疵保険と言っても聞きなれない言葉だと思います。
瑕疵(かし)とは、一般的に「欠陥」を意味する言葉ですが、その瑕疵の
一つに「雨水の浸入を防止する部分」に対し10年間の保証を売主に義務付けています。
(新築の場合に10年間の保証義務)

義務化された理由は
業者が倒産・廃業をすると交わされた自社保証も消えてしまいます。

そこで、
消費者保護の目的で業者が倒産・廃業しても瑕疵について
工事代金が
お客様に直接支払われる
第三者保証制度が住宅瑕疵保険です。

 この法律が義務化されたのが
平成21年10月1日以降に引き渡された物件が対象で
平たく言えばこれ以降の新築住宅であれば雨漏りを保険で治せるというものです。

1.新築住宅

新築の保険対象となる法人格は、
(株日本住宅保証検査機構・(株住宅あんしん保証・
(株ハウスジーメン・住宅保証機構(株・ハウスプラス住宅保証(株
の5社があり、家を買うときはいずれかの保険に加入する事になっています。
                       (リフォーム瑕疵保険も同じ会社)

 この中の幾つかの保険会社と
御縁を頂き、お仕事をさせていただいた経験があります。

また保険に加入されている お客様から弊社に、お問い合わせがあり
雨漏り調査の依頼を時折、頂く事があります。保険会社に提出する大変な書類
数多く経験しているので調査報告書の内容も解りやすくしっかりと作成する事が出来ます。

 

2.中古住宅(既存住宅)

新築物件を買う お客様は保険に入っていることで
万が一雨漏りが起きた場合、精神的なショクを受ける事は別として
金銭的な負担は免責部分を除いて保険で賄える事により、かなり軽減されます。

ですが中古住宅を購入した場合は義務化されておらず
現在この保険制度の対象外で、すべての負担を背負う事になります。
(ただし、不動産業者から購入する場合は宅建業法で2年間の瑕疵担保あり

新築であれ中古住宅であれ
一生の安住の地として選んだマイホームに
不具合が生じたら金銭的・精神的なショクは計り知れません。

もし、中古住宅を購入する場合は任意ですが、
リフォーム瑕疵保険5社から既存住宅売買瑕疵保険があるので、ご確認ください。

WS000047
                                  国土交通省図解参照

3.リフーム瑕疵保険

 リフォ-ム瑕疵保険の義務化は、ようやく
検討の段階に入ったところで現状は まだ義務化はされていません。

弊社についての考えを述べれば
多くの雨漏り修繕工事を請負ている以上は義務化されていても、
義務化されていなくてもお客様の安心を第一に考え(
株 日本住宅保証検査機構(JIO)の登録業者として加入しています。   

この制度に加入するためには
会社の実態・財務内容・創業年数などの審査を経て、
リフォーム工事瑕疵保険保険(第三者保証制度)に登録する事が
可能であり、会社の体質として健全である事のひとつの証明にもなります。

IMG_1025
(日本住宅保証検査機構:JIOの検査状況)

まとめ

最後に瑕疵保険は
雨漏りが発生して1度使用し再発した場合はその後は使う事ができません。
なので、修理を手掛ける業者選びは十分吟味する必要があり、保険が下りるからと
いって修理技術の有無も問わず安易に発注しては今後の憂いを残すことになります。

まずは、雨漏りの浸入口を確認
根拠に基づいて工事を施工する事が重要なポイントといえるでしょう。

 備考

リフォーム工事瑕疵保険保険の対象工事は、
屋根の葺き替え・壁の張り替えなどの構造リフォーム工事になります。
なので、シール(コーキング)などによる簡易の補修工事には適用できません。

というのも
保険加入するためには現場での施工状況を保険会社の審査員が確認して
修理方法が根本的な解決につながるかどうかの判断を適正に見極めるプロセスがあるからです。


これは、一つの考え方になりますが第三者による修理方法が検証
されることからお客様にとっても工事の適正を見極める安心材料の1つになります。

 

自社保証の年数について

 

屋根の葺き替え・防水・塗装・
雨漏り修理と多岐にわたる内容になって異なります。


冒頭にもふれましたが、お見積もりの段階で
必ずご説明させていただき、納得していただいてから工事に入りたいと思います。

塗装の塗り替え工事は外壁の剥離・剥がれについて3年~5年
FRP防水 通気工法についてはトップコートを5年後に塗り替えて10年
屋根の葺き替え工事は野地板の貼り換えまで含めた場合は10年です。

「保証が切れた瞬間に不具合がおこった場合はどうしよう?」
不安になるかも知れませんが、保証が切れた瞬間に悪くなる性質のものではありません。


通常の経年劣化は相当な時間をかけて傷んでいくことから
もし、事業者の不具合があった場合は数年と持つことなく問題が発生することがほとんどです。

WS000034

>>ホームへ戻る
cv_bnr
PAGETOP
Copyright © (有)グラスサラ All Rights Reserved.