先日の台風で雨漏りの調査や
修理の問い合わせが、かなりの数で入って来ています。
早い段階でなんとか回れるようにさせていただきたいと思います。<(_ _)>

弊社にお問い合わせをいただいた 
お客様は色々な業者に修理を頼まれたものの・・・・
雨漏りが止まらず調査を依頼される方が多いようです。

s_2013_1001_112559-DSC03149

今回も長い期間、
雨漏りが止まらず天井が不朽して底が抜けてる状態です。
先ほどもお話ししましたが、決してほったらかしにしていたのではなく
いろいろ手を尽くしたが止まらなかったということです。

最も心配であったのは
雨水による漏電を心配されていました。

ただ、絶対とは言い切れませんが
漏電が起こる前にブレーカーが落ちる仕組みになっているので基本的には
大丈夫ですが、古いタイプのブレーカーは落ちない可能性があるので、確認が必要です。

s_2013_1001_112610-DSC03150

散水調査の結果から浸入口(入口)は
計5か所あり、漏水の抜け道は3か所、確認されました。・・・少し多すぎ。(笑

s_2013_1001_112917-DSC03151

いつも思うのですが・・・
1か所見つけると少し気が緩みますが、安心するのは危険で
「ほかにも浸入口があるはずだ!」という思いで、気持ちを引き締めて確認に当たります。

精神論にも聞こえますが
実は・・・ここは意外に大事な調査ポイントだと思います。

s_2013_1001_135537-DSC03154

結果確認ができ取り合えづ一息・・・(^^)
しかし、これほど漏水すると、お客様のいう様に電気配線は心配ですね。

この後、見積もりに移るわけですが
たぶん・・・ここからが大変な気がする。
長い間の漏水でかなり傷んでいます。お客様と協議の上
修理のプランをひねる必要があります。・・・がんばれ俺・・・!!