先日、雨漏り調査の依頼で奈良県に行ってきました。
数年前から雨漏りが止まらず、色んな業者さんに見てもらいましたが結果変は変わらなかったようです。

天井が雨漏りで剥がれ 自然の点検口が出来てる状態です。
まずは雨漏りの侵入経路を確認して、その後の工事を決めましょう。
その言葉がお客様にとってはかなりの ストライクゾーンやったみたいです。

今までは
全面、防水材で塗り替えましょうとか
サイディング(壁材)を張り替えましょうとか

施行工事の話ばかりで肝心な雨漏りの原因には
あまり関心が無い所が随分不満だったみたい…( ̄^ ̄)

s_2013_0319_151037-DSC02592

上の写真、原因だろうと思う部分 数か所に水をかけて

天井裏から水がにじみ出てきた所です^^

侵入経路は2ケ所特定

数年にわたり嫌な思いをされましたが、取りあえずは部分補修で済みそうです