本日は吹田市でシールの乾燥後の塗装下地の工事をしています。

軒と壁の間ににアルミ金具があるのですが このまま塗ると数年後にアルミ金具に塗った塗装が剥がれてしまいます。

なので金具に密着するプライマーを先に下地処理として塗布します。

壁にも塗装をする前に エポキシシーラーで傷んだサイディングの下地を固める作業になります。

直接、サイディングに塗れる塗料ではありますが ひと手間かける事で塗装の寿命が大きく変わります。

美観+長持ちが弊社の外壁塗装のコンセプトです(^^)