今日は寒い一日でした(^^)
吹田市でシーリング(コーキング)の打ち替え作業です。

シーリング最低6mm以上の厚みがあって初めて止水に効果があります。
ですので、ALCと違いサイディング壁の場合は打ちしろを
確保するために古いシーリング材を取り除いてから打ち直します。

ただし、窓周りはサイディング壁の内側にある防水テープを傷つけるため
撤去せず三角打で厚みをかせぎます。

(黒いテープが防水テープです)

ここで、雨仕舞のポイントになりますがシーリング(コーキング)が切れても
壁の下の防水紙が部屋内に水の回らない構造になっていますので
シーリングが切れると即ざに雨漏りが起きるというわけではありません。
内部の構造を理解した上で作業をすることが重要な工事の知識になります。