個人と有限会社グラスサラを合わせると独立して20年ほどになるだろうか・・・
苦しい中、必死の思いで不動産会社・工務店と飛び込み営業をかけて形にしてきた。
バブルが弾け、廻りがその日の仕事に困っている頃、さばききれない
ほどの仕事が次から次に舞い込んできた。

今思えば、そこまでは我ながら死ぬ気で頑張ったと思う。
イメージを一つの形に出来た事に満足をしてしまったのか、
もしかすると、地元でほんの少し勢いがある事に調子に乗ったのか・・・

いずれにしても、戦略の無い経営は分相応の形に納まっていくようだ。
冷静に自分を見つめ直すと、よくもまぁ、本気で「大きくなってやろう」などと思ったものだ。
井の中の蛙が、ぴったりの言葉である。(苦笑
なので この数年は、無理をせずにマイペースに生きてきたのだが・・・

ここにきてまた、自分の中で何かが変わりはじめている。
足りないものを学び、取り入れて実践していく姿勢がスローペースながら出てきた。
おかげで、この数か月間、段取に追われて1日たりとも休んでいない。

有り難い事は、ありがたいのだが・・・少しだけ、しんどい・・・(笑

ws000037

今回、自社とは別に、日本建新株式会社(雨漏り110番)取締役の一人として、
創立株主総会に出席をした。このメンバーの中には、技術・経営・マーケティングと、
私など足元にも及ばない顔ぶれがそろっている。

また、ここまでの道のりを切り開いてきた古参メンバーの方達を考えても、
私などは一番末席にいて当然のように思う。強いて言えば、
これから力を入れていく関西方面で、一番おじさんだという理由に過ぎない。(笑

img_3331

 このことから、迷いながらも取締役を引き受けたのは、唐鎌社長の人柄にある。
堅実で努力を惜しむことのない姿勢、決して派手な パフォーマンスを演出する
人では 無いにもかかわらず、静かに多くの人を巻き込んでいく、不思議な魅力を持つ。
古参メンバーが10年以上、彼と行動を共にするのも納得がいく。

私に与えられた仕事は、西日本において、共に歩んでいく人材を発掘し、
技術面からサポートをする事であるが、誰でも良い訳では無い。

1.雨漏り診断士の資格を取得する事

2.雨漏り調査・修理に対し覚悟を持って向き合う事

これらを、最低限クリア出来る人材を探し出す必要がある。
もちろん、加盟に前向きであれば連絡を頂きたいところだが・・・(エリアあり)

死ぬ気で働く、覚悟

ここが必要だと思うのだが、数か月休めないだけでも死にそうだし
覚悟を決める前に、温泉旅行だけは行っておきたい。・・・

出来れば豪華な温泉旅行・・・そうだ、そこで覚悟を決めよう。・・・(^^:)

もう一度、「大きくなってやろう」と取り組むのもよし
がむしゃらに頑張ってみるのもよし
覚悟を決めれば、今よりもずっと、面白い生き方が出来るかもしれない。・・・