今日は堺市でブリキ工事の雨仕舞ををおこなっています。
雨漏りがおきると とにかくふさげば良いと言うものではありません。
水を逃がす仕組み、いわゆる雨仕舞をどうするかです。

ふさいでしまうのは最終の手段であって出来るだけ水を逃がす仕組みを考えます。
そうすることで長い期間、雨漏りを防ぐことができるからです。
そうなると職人の技が冴えます。

s_IMG_0502

熟練の技で、ブリキをハサミで切り加工している西さん

加工技術に値打ちがあります(^^)
既製品しか扱った事の無い職人さんとは違い
現場に応じた雨を逃がす仕組みを作り上げていきます。
年の子と言いますかさすがです。

時々、雨仕舞について意見が分かれますが
怒らず、意見を取り入れてくれるところが
また良いお付き合いだと思います・・・たぶん(笑・・・(^^)