雨漏り調査により3Fのベランダから雨漏りがある事が解りました。
見積もりを提出して補修工事にかかるまでの間はブルーシートで
雨漏りの軽減措置をしてお客様が焦らず補修工事の内容を選択できるようにしています。

WS000005

 今回、雨漏りに気が付くまでにかなりの時間が経過していたようで
壁の浮きなども激しく壁面防水では疑問があり金属サイディングのカバー工法を
提案しました。

IMG_0858

 外壁の下にある防水紙(2次防水)の機能はもはや無いに等しい状態なので
サイディング(1次防水)をはる前に外壁に防水紙(2次防水)からの施工です。
白い紙の部分が防水紙になります。

IMG_1028


その上にサイディング(1次防水)と防水紙の間に木材である胴縁を打ち付けてあります。
何が言いたいかというと・・・

サイディング(1次防水)と防水紙(2次防水)の間に空間を作る事で
サイディングパネルの継ぎ目であるシール(コーキング)が切れ水が浸入しても
防水紙の外側を雨が流れるように雨仕舞を施しているわけです。

 サイディング構造

元々、モルタル壁の構造でサイディングを張り付けるには
収まりの悪い部位もありますが・・・そこは私と職人さんで
出来るだけスムーズに水が排出される仕組みを作っていきます。

一件一件、収まりの悪い所が違うため毎回 頭を悩ませますが
サイディングのカバー工法をする場合はココが最も肝心な所になるでしょう。

 IMG_1098

 また、 この機会に庇や換気フードもカバー工法で新設して
今後の憂いを少しでも減らすようにしました。
それにしても暑いですね・・・まだまだ、お客様を待たせているので
暑さに負けずに頑張っていきます。