東淀川区に行ってきました。
下見の段階で雨仕舞の問題点を何点か発見しましたが
決め手になる雨漏り箇所を特定させるために雨漏り調査を実施しました。

確かに問題点を全て修理すれば雨漏りは止まるでしょうが
調査をおこなう事で本当に不具合のある個所を特定できる事が
お客様にとってのメリットになります。

更に、散水調査でお客様の目の前で雨漏りを再現させるわけですから
修理箇所にも、納得がいくようです。(^^)
今回、ベランダの笠木部分から雨漏りが確認されましたが
笠木がどのように収まっていれば理想的か説明します。

まず、笠木とは大まかに言うとベランダの手すり部分にあたり
壁の上に乗っかっているカバーです。
素材はアルミ・ブリキ・ステンレスなど さまざまです。

IMG_0913

 笠木

 上の写真にあるように壁(サイディング)の頭部分を隠すように
カバーとして笠木が使われています。
笠木が1次防水で防水紙(ブチルテープ)が2次防水になります。

笠木が劣化すると壁の付け根や手すりがあれば手すりの根元から
雨水が浸入するので、侵入を想定して近年では
防水紙(ブチルテープ)をまいてあり
2重の防水処理をしてあります。

 ところが防水紙(ブチルテープ)が必要だと考えるようになったのは
10年ほど前からで、それ以前は1次防水の笠木のみで雨仕舞をしていました。
なのでベランダ笠木が劣化すると即、雨漏りに繋がるわけです。

IMG_1031

笠木侵入口

 今回の東淀川区の雨漏りは笠木より壁が外に出ていることで水を受けやすく
防水紙(ブチルテープ)の処理が無いことなど
2つの不具合が重なり内側に水が回ることを許したようです。

 他の問題点からも雨漏りの侵入が確認されました。
まずは、シーリング(コーキング)で水が回らぬように仮止めして
日にちを改めてから修理をおこなうことになります。(^^)