豊中市で屋根のカバー工法を施工しています。 
部分修理も検討しましたがおそらく長持ちしないと判断し
後々、出費がかさむ事をお伝えいたしました。
私の提案に耳を傾けていただいたM様、本当にありがとうございます。(^^)

工事をする上でお客様との間には信頼関係が最も重要ですね
調査をしてどのような工事にすれば最適かを考えるわけですが
そこにはお客様の要望を取り入れ、色々な角度で考慮するわけです・・・

それでも全体的にやり直す必要がある場合は
言いづらいと思いながらも勇気を持って伝える必要があります
なので、前向きなお話が出来る環境が修理の大前提になります。

そういう意味で最初にお話しをさせて頂いた時より
少しの心配も感じなかったM様の人柄に深く感謝いたします。(^^)

IMG_1379IMG_1367

さて、屋根全体の葺き替え工事が
始まったわけですが私の施工時のこだわりを少し紹介させていただきます。

壁との取り合いに貼るカラーベストは先を斜めにカットします。(左下の写真)
理由は大雨の時でも水がスムーズに流れるように水の流れをコントロールするためです。
(青矢印の方向に水が流れる)

IMG_1377 (2)IMG_1378 (1)

通常は右上の写真の様に角はとがったまま張り付けていくようですが・・・
大雨ではカラーベストの角が邪魔をして水が滞留しやすく流れが悪くなります。
許容範囲を超えると防水紙の内側に水が回りやすくなり屋根の雨漏り原因になります。
この水の流れを和らげるために施工にひと工夫してから仕上げていきます。(^^)

IMG_1389IMG_1388

 施工後長持ちさせるためのこだわりの ひとつになります。
屋根の雨漏り以外の工事は、波板の貼り換えと
樋の中の掃除(サービス)や樋の交換など細やかな補修工事も終了です。
あっ・・・ひび割れの多い壁も一面だけですが塗装をしました。(^^)

IMG_1399

IMG_1397 (1)

最近・・・思い出したようにお客様の声のアンケートを書いて頂いています。
たぶん、面倒だろうなぁ~て思いながら恐る恐るお願いするのですが・・・(笑
「あっ、お客様の声ね」と
こころよく引き受けていただき 誠にありがとうございます。<(_ _)>

 WS000009

アンケートを取るからこそ解るお客様の心境が伝わり
インターネットで迷いながらも、ここだと決めてご連絡をいただく事を考えると
「頼んで良かった」と思われるように今後とも気を引き締めて参ります。