他社で雨漏り修理をしてもらったが止まらないと時折ご相談を頂きます。
散水調査をして入り口になっていた場所を修理したようですが
以前より漏れる量は減っても長雨になると漏れてくるそうです。

一般的に雨漏り調査に散水調査をすることは建築業界では広く知れ渡っていますが
実は具体的にどこにどのようなポイント
散水をすれば良いかなどは知らない方が多いと思います。

簡単な話、見よう見まねで調査しているに過ぎないケースが多々あり
壁を塗り替えるため・屋根を貼り換えるためのキーワードとして
雨漏り修理に新規参入してくるようですが・・・安易な考えでは無理があるようです。

 例えば、手すりにペンキを塗れと言われれば誰にでも塗れない事は無いのですが
長持ちさせ、なおかつ綺麗に仕上げるとなると材料の選択・下地との密着の相性など
様々な課題をトータルで考慮する必要があります。
そういった意味では雨漏りも同じことで様々な要因に対してベストな選択が課題になります。

さて今回は原因が長年、解らなかった雨漏りをグラスサラの調査で
サッシに不具合(以前に補修した壁にも原因)がある事が判明したので
サッシュの入れ替え工事を施工したお話です。

簡単にサッシの入れ替えと言っても
 その周りの防水紙まで差し替える必要があり正直、リスクが高い工事になります。

IMG_1247

 IMG_1249

IMG_1282

なぜなら、既存の防水紙を新たに差し替える時に傷つける恐れがあり
場合によっては新たな雨漏りの引き金になるからです。
また、モルタル壁(左官工事)の場合、防水紙を新たに差し込む切り込み口も
補修をして塗装で仕上げたとしても処理箇所が割れやすい状態になります。

なので、単純にサッシを入れ替えると言っても非常に高い技術が要求されます。
私の場合は大工さんのそばで、つきっきりで管理してる状態になり・・・
どんなに、うるさいと思われても・・・嫌な顔をされても帰りません。(笑

 もしも、デザイン性を後回しにして雨漏りを止め、なおかつ長持ちをさせる事に
重点をおくのならモルタル壁の上に新たに防水紙を張ってサイディングのカバー工法で
水を排出するシステムを作る事がお勧めです。

IMG_1196

 IMG_1334

その場合、既存の壁よりサイディングの厚みの方が3cmほど盛り上がるので
違和感が無いように仕上げるのもポイントの一つになります。
まぁ、いくら雨漏りが止まっても不格好では、お客様にも気の毒ですよね。(^^)

今回の場合は、サッシの不具合だけでなく以前、
他社が雨漏り補修をした壁にも新たな雨漏りの原因を作っていたようで
迷うことなくサイディングのカバー工法を採用しましたが違和感無く仕上がりました。