結露は外部と室内の温度さによって起こる現象ですが 雨漏りと 勘違いされます。

よくお問い合わせのメールで ご相談を受けるのがサッシュにたまる結露です。

確かに雨漏りにも見えますので、心配になるお客様も多いですね(^^)

ただ、結露だからと問題が無い訳ではありません。 喘息の黒カビの発生源躯体などを痛める原因にもなりますので

サッシュであれば2重サッシュにするとか塗り替え時期だったら 断熱塗料のガイナを進めて出来るだけ結露予防のご提案をしています。

先日も、雨漏りの心配で押入れの床部分のシミが広がっているとの事で お伺いしたわけですが、どうも雨漏りの痕跡がありません(^^)

年中、雨漏りのご相談を受けてると大体の判断がつきます。

ですが口での説明ではお客様の不安は解消されませんので 今回は押入れの床に穴を少し開けさせて頂きました。

やはり、床には水が溜まっておらづ板の裏側も綺麗な状態です。 理由はハッキリとはしませんが板に元々シミがあり浮き出てきたのか・・・

何かがこぼれた跡なのか 原因はわかりませんが、雨漏りでも結露でも無いと言う検証結果でした。 大事なお家ですから気になる事があればお気軽にご相談ください。(^^)