問い合わせの3割ほどが工務店の方から連絡があります。
たぶん、一般の方では解らない細やかな内容が目について
連絡を頂くのだと思います。

大半が、工務店の建てた家の雨漏りの相談です。
まぁ、本当に雨漏りの原因を突き止めて治したいと思い
困っているのであれば、協力をすることに問題はありませんが・・・
原因になりそうな場所を聞きだして終了。・・・的な人が大半ですね。

FLIR0015

一番の理由はお金がかかるから嫌なのでしょう。
もちろん、誰でも無駄な事には使いたくは無いし
出来る限りコストは抑えたいと考えるのが当然だと思います。

ですが、工務店の場合は、新築やリフォームを請負って
お金を頂いてるのだから、クレーム対応として
しっかりと治す方向で動くべきです。
何が原因で、今後の改善点をどうすれば良いかを身に染みて
考える必要があり、この先も家を建てるのであれば
無駄な事ではないはずです。

 ですが・・・まぁ~大半は渋りますね。
いったい、どんな神経をしてるのだろうと思うほど・・・(^^:)
誤解が無いように話せば、全ての工務店がそうだとは言ってません。
地域に愛され、頑張っている会社もあるし
私自身、真当に仕事をされている何軒かの工務店とは
今もお付き合いをしています。

ただ、工務店の体質的には、いかに業者を安く段取するかに
重きを置き、職人の腕よりも、請負額重視になりがちです。
私も、この体質に嫌気がさして、自分で
ネット集客をするようになったのが始まりなのです。

先日も雨漏りの問い合わせで工務店から電話があり・・・

工務店 「 おたくの所は、雨漏り調査はなんぼでしはりますねん。」

私   「それは、現場の状態を見なければ判断はつきません。」

工務店 「来たら、お金がかかるやろうから、メールで写真をおくりますわ。」

私   「下見にお金はいりませんが、お客様にあって最低限のヒヤリングは必要です。」

工務店 「下請けとして回って欲しいので、お客さんに合わせるのはもっと後ですわ。」

 私   「うちは、お客様と直接取引をする会社なので、雨漏りは下請けでは入りません。」

 工務店 「うちでは手におえんねん、・・・何とかなりませんか~」

私    「なりません。・・・(怒)」

 お客様には気の毒な内容ですが、横柄な人が間に入っても
かえって話がややこしくなるだけ・・・てかぁ、自分では手に負えんのに・・・

なんで、下請けやねん???・・・(^^;)

 自分の都合だけで物を考える、意味不明な内容にムッときた一コマですが・・・
お客様も早く気が付いて、専門業者に相談する事を願います。
帰ってテレビをつけると無責任な舛〇都知事が話題になってる。
あかん、・・・イメージがかぶって、また思い出してしまった。・・・(笑