本日の雨漏り調査は北区天満です。
骨組みは鉄骨造ですが壁はブロックを積み重ねたものです。
防水紙は一切なしで1ミリ以下のヘアークラック(ひび割れ)でも漏れる構造になっています。

ただ、今回の雨漏りの原因は屋上の笠木の不具合と陸屋根の防水層の劣化でした。
ちなみに笠木とは黒い手すりが付いている壁の天場のカバー部分の事です。

5年前に他の業者さんに防水工事を施工してもらったみたいです。
その時の施工保証が付いていると言うお話だったのでポイントを説明して 防水工事をおこなった業者さんに直してもらう事をお勧めしました。

私も防水工事を受注したいところですが そこは我慢してお客様の最善の方法を優先します(笑

なので今回は雨漏り調査で終了です。
上の写真は以前に雨漏り調査をおこなった修理現場ですが 笠木を脱却して見てみると 笠木の下の防水がボロボロに剥がれていました。

一般的には笠木からは建物に水が回らないイメージがありますが
私の調査の経験上は以外に雨漏り原因になっていることが多いです(^^)

ポイントとしては
笠木は防水材で無いと言う事であくまで防水層の補助的な役割に過ぎません。