カラーベストを塗装するときに
水の逃げ道を 塗装でふさいでしまう恐れがあります。
もし、そのまま放置しておくと屋根の内部まで水が回り
屋根下地材の野地板まで腐食させてしまう結果になります。

そもそも、大きなお金を支払って塗装をする一番の理由は
家を長持ちさせる手段であり 塗装をすることが目的では無いはずです。

なので、グラスサラでは屋根を塗るときに2つのこだわりがあります。
一つ目はタスペーサーを使って塗装をしても水を逃がす仕組みを作ります。

下の写真の黒いチップがタスペーサーで
水の抜ける隙間を 確保するために屋根に設置します。

 

下の写真は下地材を塗装した次の日に雨が降り
その後 、タスペーサーを設置した写真ですが若干の水分が出てきました。

もし、タスペーサーを設置せずに上塗を進めていくと
さらに水の抜け道をふさぐことになり 、屋根裏に水が回るという
重大な問題になりかねません。

 

2つ目は屋根を塗るときにローラーを縦には塗らず
横方向に転がすことで水の抜け道を根本的にふさがぬように塗装します。

 

横方向に転がすことで
水の抜け道を大きくはふさぐ事はありませんが
タスペーサーがあるから安心するのでなく作業そのものにも工夫が必要だと考えています。

ここまで、塗装作業にこだわるのも
多くの雨漏りの事例を見てきて作業工程を改善してきたからです。