1000数百年続く、世界最古の企業といわれる
建設会社と 以前、お付き合いさせていただいた頃があります。
社寺(神社・お寺)の新築・塗り替え工事をさせていただいた中で、
民間での物件に生かすことが出来る 約束ごとの1つを出来るだけ解りやすく
ご紹介します(^^)

現在、お寺の塀を塗装をしていますが
一般的な塗装の見切りは指でさしている モルタル壁と巾木の間の部分になります。

ですが、社寺ではこの部分では見切りを取りません。
巾木のテープを貼ってあるラインに塗装の見切りをおきます。
たぶん・・・プロ目でもこれだけでは意味が解らないと思います(^^)
初めてグラスサラに来た職人さんは 「なに言ってんだこの人は???」的な
目で私を見るぐらいですから(笑

実はモルタル壁と巾木の間の見切りは、
左官屋さんの施工の加減で最もラインが歪んで見える部分です。
ここでラインを取っては蛇の様に歪んだ塗装のラインが出来てしまうわけです。

なので少しコツがありますが数ミリ下にずらして、
真っ直ぐに見えるようにテープを張って養生をします。
そして通常通りの塗装を仕上げていきます。

養生のビニールをはずしていくと
綺麗な直線に見える塗装のラインが出来上がります。(^^)
これがお付き合いさせて頂いた時の約束事の1つです。

これは以前、お寺の本堂を施工した時の写真ですが
金箔の柱を 通常どおりにビニール養生をすると・・・
とんでもない大失敗につながります。
まぁ!ここでは話が長くなるので触れませんが・・・(笑

建設会社が経営不振でゼネコンに吸収されてからは
お付き合いは遠のきましたが・・・
学ばせていただいた多くの事は 今でも生かされています。
何よりもお付き合いできたことに深く感謝しています。(^^)