お盆休みを5日ほど取る予定でしたが、
先日の台風の影響もあり、多くの見積もり依頼がありました。

まずはお会いして話をすれば、お客様も不安な気持ちが落ち着くみたいです(^^)

s_2014_0817_131232-DSC04223

原因が解った物件もあれば
足場が無い状態で検査するには
どうするこの高さは・・・・てぇ!感じのものまで様々です(笑

s_2014_0819_100221-DSC04226

もちろん、大阪では高層のマンションを避けては通れないので
見積もりが決まれば、秘密兵器の職人さんと一緒にバッチリ調査させていただきます!!

雨漏りを再現させる散水調査は、闇雲に水をかけるわけではありません。

ある程度、侵入経路を見極めてから調査に入ります。
時折、仮説が外れて凹むときもありますが・・・

偶然見つけた侵入経路では、確かな原因やその後の補修を間違う元なので
プロであれば侵入経路の見極めと調査に重点をおきます。

s_2014_0819_104342-DSC04229

例えばですが、業者がサービス・応急処置と言う事でひび割れなどに
シールを打つといっても・・・
根拠のない状態で雨漏りを触らせないでください(^^)

もちろん、「一つずつ原因になりそうな所から工事をしましょう」と言われてもです!

お腹が痛くて病院に行ったとして・・・医者から
「原因は解らないが取りあえず手術してみましょう」と言われたら驚くでしょ(^^)

俺なら他の医者を探します(笑

s_2014_0814_125353-DSC04219

そう言ったわけで休みは14・15日の二日間に変更しました。
日帰りで海に行きましたが下の息子は遊び足らず不満げでした。

まっ!親と遊びたいと思ってくれるうちが花かな(^^)