家を塗り替えれば本当に家が長持ちするのでしょうか?有限会社グラス・サラでは 長く住める家をコンセプトに提案できる雨漏り・防水・外壁塗装の専門店です!

天井のシミの原因について

天井のシミが確認されれば雨漏りと考えがちですが、実は雨漏り以外の原因で天井にシミが出来る事もあります。

では、他にどのような理由で天井にシミやカビが発生するのでしょうか。

また、他の原因でシミが出来、建物に何らかの不具合が出るのでしょうか。

専門でもない限り一般の方に雨漏りか、そうでないかを判断するのは非常に難しい事だと思います。

だからといって予備知識が無いまま工務店等に相談するのも不安を感じるなどのご相談が多い事から簡単ではありますが、雨漏り以外の例をまとめ、以下に解説していきます。

天井のシミと雨漏り

雨漏り以外の原因について

1.部屋の湿度を上げると

加湿器を使い、冬場の空気乾燥を解消する事はインフルエンザ対策に友好的な方法ですが、水を沸騰させて蒸気に変える事で湿気を多く含みます。
なので、定期的に窓を開けて空気の入れ替えれば問題は無いようですが、締め切ったままだと湿気が原因で天井材にカビが発生する可能性があります。

 

2-(1)小屋裏(屋根裏)内部の結露

積雪や放射冷却でみられる結露。
結露は冬場に起こることが多く、室内暖房で暖められた暖気は上昇し天井を抜けて小屋裏(屋根裏)に到達します。

しかし、小屋裏は外気の影響を受けて冷えているので湿った暖気が小屋裏の金属等に冷やされて水蒸気となり、野地裏や金属の表面で水滴となって滴下すると室内の天井にシミが確認されます。

小屋裏(屋根裏)の画像 軒ゼロおよび屋根・壁の構造
写真:小屋裏(屋根裏)

2-(2)すが漏り

寒さの厳しい地域では冬場に水蒸気が野地裏で凍り付き春になると凍り付いた水蒸気が溶け出して雨漏りの様になることをすが漏りと言います。

気候の穏やかな関西で体験することは皆無に等しい現象ですが、水蒸気が小屋裏に溜まる状態は穏やかな気候でも変わりません。
小屋裏の腐朽を考えると、換気による空気の循環システムを採用する事も望ましいと思われます。

 小屋裏の腐朽 
 写真:結露による野地裏の腐朽

 3.小動物の糞尿

ネズミやハクビシンなど小動物の糞尿が天井のシミになって表れる可能性がありますが、この場合匂いや天井裏で音がするなど、ある程度は住んでいる方に分かるようです。

ただ、私の会社では雨漏り調査は出来ても小動物の駆除はやっていないので駆除は専門業者に発注してください。(^^)

4. 化粧合板(ラミネート天井)

現在、住宅の天井は無垢材(丸太からそのまま切り出された材料)で施工されている天井材は稀で、化粧合板(ラミネート天井)が施工されている事が一般的です。

化粧合板とは、木目のプリントを合板に貼り付けた天井板のことですが、この時プリントと合板を接着剤で貼り付けます。

しかし、貼り付けた天井材が経年劣化とともに接着剤の天井材表層に移行し、雨漏りのようなシミになることがあります。

天井の雨漏りシミ 天井のシミ
写真1:天井の雨漏りシミ           写真2:黒いシミ

目視でのシミの見分け方ですが、たとえば写真1の雨漏りのシミは不規則に広がりを見せますが、写真2の天井材の黒いシミは直線的に伸びています。

すべてとはいい切れませんが直線的に伸びるシミは、なんらかの人の手が加わることで経年劣化とともに加工過程・材料選択ミス等が影響すると考える方が自然です。

 

検証・確認をとる

では「目視だけの確認では不安になる。」または決め手に欠けると感じる方もいると思います。

その場合、屋根の雨漏りであるかそうでないかを検証するには小屋裏を目視する必要があります。

小屋裏を目視するためには点検口が必要であり、既存の点検口が無ければ新たに設置する必要があります。

出来るだけシミのある位置に近い方が確認が取りやすいなどのメリットがありますが、点検口の設置に抵抗がある場合は押入れなどの天井に設け、目立たない様にするのもよいでしょう。

天井裏の雨漏り

点検口から降雨の強い日に小屋裏(屋根裏)を確認する事により、野地裏や垂木・天井材に雨水のシミ・および濡れ跡が無いか点検をすることで検証をします。
この手の検証はプロでなくても分かりやすく確認を取れる方法になります。

点検口 和室天井クロス貼り
写真:点検口                和室天井模様 クロス施工中

ある程度の確認が取れれば雨漏り業者や工務店に相談をして対策を取る事になると思いますが、対策後に点検口やシミ跡が気になる場合の修繕方法ですが室内の天井材を張り直すのは大掛かりな工事になることから簡易的ですが和室天井材に似たクロス(張り紙)を貼るのも良い方法だと思います。

以外にこれが見分けがつかないほど自然な感じに仕上がります。

ただし、ココで気を付けなければならないのは天井材に直接クロス(貼り紙)を貼ると、クロスの接着剤と天井材の愛称が悪く、剥離する不具合を解消するために天井材の上にコンパネ(下地材)を施工してからクロスを施す必要があります。

天井材を貼り換えるよりはクロス施工の方が安価に施工を出来ますが、それでも6畳間の天井クロス施工でだいたい、約12万~15万円程度(税別)の工事費用が必要になります。

本格的な調査

I小屋裏(屋根裏)の雨漏りの痕跡  s_10939264_839171856145592_781257438_o>小屋裏に上がり検証をする
写真:屋根裏雨漏りの痕跡

本格的な調査として点検口から小屋裏に上がり内部から雨漏りの痕跡を確認して結論を出す方法論ですが、簡単にできるように見えて実は結構大変です。

たとえば、天井裏の野地板にシミがあったとします。
しかし、野地裏のシミがもしかしたら新築当初、運搬などの際に何かしらの理由で濡れて出来たシミの可能性も否定できないこと。

なので、弊社では赤外線カメラや水分の含水率を測定する事でトータルで結論付ける作業を行います。

また、小屋裏の骨組みなど足を掛けるところも限られており、ここが一苦労するといったところでしょうか。

決して構造を理解しない方が真似しないでください。

体重をかけてはいけない木部や踏み外すと天井が抜けてしまうなど大けがをする可能性があり、雨漏りかどうかなどの確認の状態では無くなります。
どちらにしても、赤外線カメラや水分計からの判断が必要であり、プロに任せる領域です。

赤外線かめらによる雨漏り調査 雨漏り調査による水分含有量の検査
赤外線カメラ使用              水分含水率の測定

まとめ

シミ=雨漏りと決めつけるのは簡単ですが、しっかりと検証して施工方法を検討する事が大事だという事をお分かりいただけたでしょうか。

お客様のご相談から屋根塗装で雨漏りを止めるなどむちゃな施工方法を提示する業者の話も聞きますが、これは完全にNG。

ブログの中で、なんどもお話ししている事ですが、塗装は屋根から雨漏りしていない状態で、表層の1次防水(屋根材)のメンテナンスとしての力を発揮しますが、1次防水の下にある2次防水(ルーフィング)に不具合があると雨漏りは止まりません

また、現状漏れていなくても2次防水(ルーフィング)の耐用年数は15年~20年程度である事も考慮に入れる必要があります。

この耐用年数が過ぎている場合は、1次防水のメンテナンス(塗装)を行ったとしても半年後、もしくは1年後に2次防水の不具合から雨漏りにつながる可能性があります。

ただし、必ず雨漏りが発生するわけでは無い事も事実です。

 

 軒ゼロ
上記参考図面:屋根材1次防水・ルーフィング2次防水

 

そういえば去年、堺市で天井のシミについて問い合わせがあり、調査の結果から雨漏りで無い事を結論づけたお客様から屋根と外壁の塗り替え工事を頂きました。

雨漏りで無い事を伝えて問題が無いので帰ろうとしたところ、引き留められ塗り替えの依頼を頂いたのがきっかけです。

「あっ、塗装をするんですか?」的な意外な返事をしてしまった記憶があります。

もちろん、塗装工事も 建物に合ったスペックを提案し、品質も頑張らせていただきました。

IMG_5081 (1) 

工事終了後、「大満足ですよ坂元さん!」と感想を頂いたことが本当に嬉しかったです

気になる事は、しっかりと確認する事が工事を失敗させない大事な工程です。

 

天井雨漏り再現調査

 

 

>>ホームへ戻る
cv_bnr
Copyright © 有限会社グラス・サラ All Rights Reserved.