お家は雨漏りを放置したまま塗装をしても長持ちしません。有限会社グラス・サラは、長く住める家をコンセプトに提案できる雨漏り・防水専門店です。

外壁・屋根塗装中の生活に関する疑問と回答

外壁塗装を施工するにあたり、約10日~15日程度の工事期間が必要になります。私達施工業者はいつもの作業工程になりますが、お客様にとっては初めて、もしくは2度目としても10年以上前の塗装工事になると思います。

この記事では、工事期間中に関する疑問や気になる情報をお客様にお伝えします。

よくある疑問と回答

Q.外壁塗装中は普通に家に住んでいても大丈夫ですか?

A.もちろん、問題はありません。

ただし、狭小の駐車スペースの場合、自家用車については移動をお願いするか、もしくは工事期間中は他の駐車スペースに停めていただくようお願いする事があります。

Q.塗装工事中は留守にしても大丈夫ですか?

A.はい!留守にしていただいても構いません。

弊社では、その日の進行状況についてLIEN等でお伝えしています。もし、疑問に感じる部分もしくはご不便な点がございましたら、メッセージを頂ければ改善方法をご提案いたします。

Q.塗装工事中は窓を開けることはできますか?

A.基本的には、窓廻りは汚れないようにビニールで覆って養生しているため、窓を開けることはできません。

ただ、お風呂場は湿気がこもるので、養生に切り込みを入れて換気が出来るようにしています。ご要望があれば他の窓も多少の換気は可能です。

Q.塗装工事中に匂いが気になった場合はどうすればいいですか?

A.解決方法としては以下の3つが挙げられます。

【方法1】
窓廻りの養生(ビニール)に切り込みを入れて開口箇所を増やす。

【方法2】
施工前に行う対策となりますが、壁面塗料にシンナーを使用する溶剤ではなく、シンナーを使わない水性塗料を選択する事で、匂いを軽減することが可能です。

余談ですが、溶剤と水性塗料の耐候性については同等の機能を有しているので、どちらを選択しても特に問題はありません。

【方法3】
部位によっては、溶剤塗料による塗装が必要な箇所があります。(例:庇などの金属部)

その場合は、窓廻りの養生をする前もしくは養生を取り外したタイミングで塗装する事で、室内の換気を円滑に行うことが可能になり、匂いの問題も軽減できます。

Q.塗装工事中はエアコンは使っても大丈夫ですか?

A.はい!エアコン専用の養生カバーがあるので、エアコンを使用しても問題はありません。

Q.塗装工事中は洗濯物は外で干しても大丈夫ですか?

A.作業中は塗料やホコリが洗濯物に付着する可能性があるので、作業の無い日曜日であれば問題ありません。ご希望の場合は、室内で洗濯物を乾かすことができる除湿器を弊社でご用意いたします。

Q.塗装工事中に騒音は発生しますか?

A.仮設足場の取り付けや取り外しの際に金属音が発生します。また、塗料の撹拌機なども多少の音は発生します。足場の取り付け・取り外しは、出来るだけ土日を避けて作業するのが望ましいです。

Q.工事は何時から何時までしますか?

A.基本的には、朝8:30から夕方17:00頃までになります。塗料の乾燥時間やその日のうちに1工程を終わらせたいなどの理由で17:00を過ぎる場合は、お客様にお声がけします。

どちらにしても、極端に朝が早い、もしくは暗くなっても作業を進める事はありません。

Q.空き巣被害が心配ですが、対策はありますか?

A.弊社では空き巣被害の対策として、昇降階段の入り口等に防犯ライトの設置を行っています。

まとめ

工事期間中、なにかとご不便をおかけします。また、近隣への配慮もお客様にとっては気を遣うところだと思います。弊社では、工事が始まる1週間ほど前に、粗品(弊社ネーム入りのペン)を持って、お客様とご一緒に近隣の方へのあいさつにお伺いしています。

今までの経験の中で、ある程度の配慮は身に着けているつもりではおりますが、今後も皆様にご満足していただけるよう精進していきたい思います。

>>ホームへ戻る
cv_bnr

メールでのお問い合わせはこちらから

画像:屋根の修理 画像:屋根の雨漏り 画像:壁の雨漏り 画像:サッシの雨漏り 画像:屋上防水 画像:住宅瑕疵担保責任保険雨漏り 画像:失敗しない雨漏り工事会社の選び方 画像:雨漏りについて動画のページ一覧を見る
Copyright © 有限会社グラス・サラ All Rights Reserved.