家を塗り替えれば本当に家が長持ちするのでしょうか?グラスサラでは 長く住める家をコンセプトに提案できる雨漏り・防水・外壁塗装の専門店です!

コーキング

壁のひび割れ(クラック)等を個人のDIYで済ませることができるシーリング(コーキング)は優れもので便利な補修グッズですが、雨漏りの補修効果は限定的であり、特に紫外線による劣化は早ければ数年で破断を起こす事もあります。

なので、手軽で便利ではあるもののシーリング(コーキング)の破断とともに雨漏りの再発を繰り返す事例が後を絶ちません。

このページではシーリング(コーキング)が どの程度、雨漏り修理・補修・塗り替えに有効であるかを分かりやすく解説し関連した情報や知識も合わせて紹介していきたいと思います。

低圧注入
RC造のクラック修理(エポキシ注入)

コーキングとシーリングの違い

コーキングとシーリング、「何が違うのか?」と、お客様に質問されるこの2つの呼び名について少し触れたいと思います。
コーキングは詰め物や穴をふさぐという意味がありシーリングは密着や密閉などの意味が含まれています。

コーキング材は合成油・天然油を鉱物と混ぜて作られており例を挙げると、古い学校校舎の窓ガラスと鉄枠の淵に白い粘土のような詰め物を見たことがあるでしょうか?
その白い詰め物がコーキングになります。

対してシーリング材の主成分はポリサルファイド・シリコン・ウレタン等から作られていて、コーキングガンで注入し硬化するとゴム状の弾力性がある素材です。

元々、コーキングの方が古くから輸入され止水材として使用されていた事から一般的な呼び名として定着し、建築の施工現場ではコーキングもシーリングも同じ意味の使い方としてとらえても問題はありません。
(現在、建築現場ではシーリング作業が主流でコーキングの使用は皆無です。)

コーキング(シーリング)施工

シーリングの種類と用途

次にシーリングにもいくつかの代表的な樹脂があり使用する用途によりシーリングの使い分けをします。

例えば、シリコーン系シーリングは耐候性・耐水性・耐熱性に優れていますが、他のシーリングを上から増し打ちしをてもシリコーン系シーリングとは密着しません
密着しないのであれば、とうぜん止水効果は望めず雨水の浸入を簡単に許してしまう結果になる事から、下地の段階で密着に必要な適切な下地処理を施す必要があります。

また、シーリング材の性能そのものは良くても紫外線に弱いため化粧材(シーリング)としては長く持たない樹脂成分もあります。

なので、シーリングを使用する時は使用方法を選ぶ必要があり、下記に人気のあるシーリングの一覧とタイプを参考程度にまとめてみました。

1.シリコーン系シーリング (シリコン)

耐候性・耐水性・耐熱性に良好、キッチンや浴槽廻り(風呂・タイル)の補修などに優れていますが、上からの塗装は不可です。

2.変性シリコーンシーリング材 (変性シリコン)

耐候性・塗装性良好、シリコーン系
シーリング材と違い塗装可能、建築や板金加工などに使用されます。

3.アクリル系シーリング材(コーク)

耐候性・耐水性・耐熱性には劣るが水性なので取り扱いが簡単、水分が抜けて硬化する特性を持つため、硬化後の肉やせがあり、内装の貼り紙の補修に一般的に使われています。

4.ポリウレタン系シーリング

塗装下地に良好、紫外線等の耐候性に弱いが伸縮性には優れているため塗装下地には相性が良いと考えられます。

5.ポリサルファイド系シーリング

耐油性・耐候性良好、おもに躯体目地に使用されることが多いです。

注意:DIYなど自分で補修を考える時はシーリング購入店で良く相談をしてから購入する事が望ましく、特に、塗装下地は可塑剤(かそうざい)が含まれていないノーンブリッドを用すること。

シーリングの限界と塗装の有効性

お客様から「シーリングの上に塗装をすると長持ちしますか?」と質問を受ける事があります。

塗装が保護膜になり、 紫外線からシーリングの劣化を防ぐ効果はありますが塗装をする事により、シーリングが破断しないと考えるには無理があります。

理由をお話するにはジョイント目地がなぜ存在するか、というところまでセットで話しを掘り下げる必要があります。

まず、外壁材であるサイディングやALCのパネルはパネルとパネルの間には必ず隙間を開けて目地を作ります。
中にはシール処理不可のガスケット目地を使う場合もありますが、いずれにしても外壁パネルとパネルの間には目地を必ず設ける必要があります。

理由を簡単に説明すると建築物は工法に関係なく揺れる(例:地震・近隣工事の振動等)環境にあり揺れる事でパネル同士がぶつかって破損しないように工夫されています。

つまり、パネル目地部分に隙間がある事により、建物の揺れを吸収するように設計されています。

例えば、シーリングを生身の人間と例えるなら塗膜は服の役目になり、紫外線から皮膚を守れたとしても、外部から人体に強い衝撃を受けると生身の体はダメージを受けます。 この事から、日常的に負荷がかかる目地のシーリングはいずれは破断します。

なので・・・正しくは、シーリングの上に塗装をすると直接紫外線が当たらないため経年劣化は遅れるが、どちらかというと建物の揺れ等でいずれは破断する運命にある。

o0640048011986064179

以外に知られていないシーリング(コーキング)の大事な知識

1.二面接着と三面接着

パネルとの継ぎ目・ひび割れ(クラック)などに使用するシーリング(コーキング)についてのお話しです。

少し専門的な話しになりますがシーリングの耐久性を理解するには重要な知識の一つであり、施工する場所によりシーリングの打ち方を二面接着と三面接着に打ち分けします。

4壁3壁

壁の底までシーリングが注入されていない状態が、二面接着です。
壁のみに接着されているので建物が揺れても追随性がありシーリングが破断しにくい構造になっています。

そして、壁の底までシーリングが注入されているのが三面接着です。

一見、膜厚があり頑丈そうに思えますが、実は底が壁面等に密着しているため建物の揺れを三面で受けることから二面接着に比べ破断しやすいといわれています。

2.ワーキングジョイントとノンワーキングジョイント

では、全てのシーリングの打ち方を二面接着にすれば良いかというと、そうではありません。
以外に知られていない知識ですが・・・

ここで、必要になってくる考え方がワーキングジョイントとノンワーキングジョイント の知識です。

そもそも二面接着・三面接着と言う技法がある事から必要な場面で使い分けているというのが正しい考え方です。

簡単にワーキングジョイントを説明すると躯体の動きが大きい場所を意味しALC壁の目地はワーキングジョイントにあたり、二面接着で対応します。

ノンワーキングジョイントはその逆で躯体の動きが小さな場所になり、この場合は三面接着で対応します。例としては、鉄筋コンクリート壁(RC)の打設目地(階層ごとのつなぎ目)にあたります。

まぁ、専門的に話すと少し違うかもしれませんが、解りやすくいうとこんな感じです。

メリットが高いと思われる二面接着ですが、部分的にシーリングが破断すると内部に水がたまる事もあり、呼び水となって、そこから雨漏りを誘発する可能性があります。

なので、動きの小さなノンワーキングジョイントに当たる目地は三面接着にして出来るだけ水が溜まらない環境を作ります。

底に水がたまる

また、ワーキングジョイントの中でも特に揺れが大きい部位があり、部位の動きの特徴を知っているかどうかで雨漏り修理方法は大きく異なります。

何故その場所で、どうして動きが大きくなるのか・・・これも以外に知られていない事ですが、修理や改修工事にはとても重要な知識です。

ワーキングジョイントの動きが大きい部分

上の写真の四角(赤)で囲んでいる壁の角(コーナー)部分が建物の中で動きが最も大きく、シーリングに負担がかかりやすい部位です。

理由として、建物は同じ方向に揺れる様に思われますが、実は面(東西南北)により動きが異なりこの、異なる動きが大きな負荷になりシーリング剥離の原因となり、雨漏り修理及び塗り替え時の注意点として施工時の重要なポイントとなります。

注意:シーリングの主成分も大事ですが、「木を見て森を見ず」のことわざがあるように建物全体との相性も考慮する必要があります。

シーリンング(コーキング)工事の注意点

1.プライマー

今までのお話はシーリングを使用する前にどのようなシーリングを選び 最適なシーリングの打ちはどのようなものかを話してきましたが、では実際に施工する際に必要な知識を2点、簡単にまとめていきます。

シーリングにも色々なメーカーがあり、実際にどのメーカーが優れているかは お客様の立場から判断は難しいと思います。

ただ、それ以上に重要な事はプライマーの塗布不足やシーリングがプライマーより極端にはみ出していないかなどが重要です。

エージング
シーリング(ピンク)

エージング
プライマー(ブルー)

 

どれだけ材料性能が良くてもプライマーの塗布量が少ないと密着不良がおき、シーリングがプライマーより大きくはみ出すと、はみ出したところからプライマーから剥離がおきるからです。

以外に軽視される傾向にあるプライマーの塗布方法ですがシーリングを安心して長持ちさせる方法としてはとても重要な基本的な考え方です。

2.Uカット(Vカット)は正しい施工方法なのか?

壁の雨漏り記事でも話しを紹介していますが重要な考え方なので、シーリングの記事でも少し触れておきます。

IMG_5028 IMG_5029

ひび割れのUカットに適している壁は、鉄筋コンクリート(RC造)やALC壁です。

理由としてはコンクリートの壁厚120mm~200mm程度あり機械でひび割れ部分をU型に広げてシーリングを打つ事ができ、鉄筋の腐食を押さえる有効な方法です。

しかし、サンダ(壁を切る機械)でモルタル(左官工事)にUカットの補修は不向きです。理由として壁厚12mm~30mmと薄く、壁を切るときに下地のフェルト(防水紙)を傷つける恐れがあります。

「慣れている」とか「施工が丁寧だから大丈夫!」などという話ではなく、機械で壁に切り込みを入れるわけですから、職人さんが自覚のない一瞬の出来事で防水紙を傷つけてしまう可能性があり、防水紙を傷つけて雨漏りを引き起こすリスクを作るよりは別の補修方法をお勧めします。

シーリングが破断すると直ぐに雨漏りにつながるのか?

さて、最後になりますがそもそもシーリングが破断する事の何が気になるかというとシーリングそのもの美観というより、壁面内部に多くの雨水が流下・浸入することで「雨漏りにつながるのでは?」もしくは「壁内が痛むのでは?」という問題だと思います。

確かに、壁内も痛み、雨漏りにつながることも確かですが、シーリングが破断した瞬間に雨水による被害が出るわけではありません

詳しくは私の壁の雨漏りを参照していただければご理解いただけると思いますが、ここではシーリングのテーマから話がそれるのでシーリング仕様が多い住宅用サイディング壁を例に挙げて少し触れておきます。

サイディングの構造 2水抜き穴

サイディングの場合、壁内部に防水紙(透湿防水シート)があり、壁材と防水紙の間に空間がある事で雨水は壁内空間を流下しながら外部に排出される仕組みになっています。
(この壁内空間を通気構法と呼ぶ)

なのでシーリングの破損=雨漏りというわけでは無く、通気が取れていることで空気の流れが壁内にあり、一定の時間があれば壁内も乾燥するはずです。

ただし、長い期間の放置は経年劣化が進み、防水紙が痛んで不具合が起きる可能性が高いので放置(シーリング破断)はおすすめできません。

シーリングは塗装下地としては有効ですが雨漏り修理では極力シーリングに頼らない工事を心掛け不具合を改善する必要があります。

ここまでの話でシーリングが雨漏り修理でなく軽減措置であることを理解していただけたでしょうか。
以上を持ってシーリングについての基礎知識のお話を終わります。

追伸:壁の雨漏りについてのリンクを下に貼り付けておきます。
よければ合わせてご確認ください。

壁の雨漏り

>>ホームへ戻る
cv_bnr
PAGETOP
Copyright © (有)グラスサラ All Rights Reserved.