今回のお話は親しく
させていただいている一級建築士さんからの依頼です。

どのような内容かというと野地裏が広い範囲で濡れており
この原因が雨漏りであるか・結露であるかの確認のため、調査(検証)を兼ねて同行しました。

居住者A様は数年前に新築で住宅を購入し
最近になって屋根に太陽光を設置しようと考え業者に相談したようです。

相談された業者は屋根の強度を確認するために小屋裏に入り野地板と垂木の状況を
目視したところ、野地裏が広い範囲で濡れていて腐朽している事に気が付いたことが始まりです。

野地板の結露 屋根の雨漏り

A様は怒り心頭気味で建てた建設会社に連絡し、雨漏りであることを
伝えましたが状況を確認した建設会社は結露であると主張
つづけて・・・「雨漏り修理には値しない!」とのこと。(換気措置は行う)

A様は建設会社の主張に驚き、困り果てて弁護士さんに相談した結果、
弁護士立ち合いの元、一級建築士(2名)と私を含めて検証を行うことになりました。

親しい一級建築士の
先生だけならともかく・・・緊張感があるというか、どうも居心地が・・・(笑

さて、今回の建設会社の「結露である」という主張ですが、
伝え方はともかくとして まんざらおかしな話をしているわけではありません。

というのも、小屋裏の断熱材の多くは
天井裏に施工
していますが、A様の家は野地裏に通気層無しに
断熱材(屋根断熱)を施工しており、なおかつ、棟換気が無い状態です。

この場合、外気と野地裏の断熱材の温度差から
結露が起こりやすい状態になり、さらに小屋裏に
空気の排出(棟換気)が無いことから、結露である可能性を否定できません。

また、A様自身が雨漏りを
確認していないことから さらに今回の調査は不確実な要素が多いといえます。

小屋裏(屋根裏)の結露とは

結露は冬場に起こることが多く、室内を温める事
暖気(熱)が上昇し、天井を抜けて小屋裏(屋根裏)に到達します。

しかし、小屋裏は
外気の影響を受けて冷えているので
湿った暖気が小屋裏の金属等に冷やされ野地裏や
金属の表面で水滴となって滴下すると、室内の天井にシミが確認されます。
(天井断熱の事例)

今回の場合は屋根断熱なので、
野地裏と断熱材の間に水滴が溜まる。(あくまで結露と仮定した場合)

屋根裏の雨漏り・結露
赤丸:野地裏に水滴が確認される

豆知識:すが漏り

地域により、すが漏りの意味や内容が少し違うようですが、一般的に
寒さの厳しい地域で冬場に湿った暖気が水滴となり野地裏で凍り付き、春になると
凍り付いた水分が溶け出して雨漏りの様な現象がおこることをすが漏りと言います。
これも結露の一つです。

まぁ、気候の穏やかな大阪で体験することは
まず無い現象ですが、湿気等が小屋裏に溜まる状態であることは
変わらないので屋根断熱を考えた場合、軒先吸気(軒天有孔板)・排気(換気棟)・
ガラリ等の設置により外気を取り入れて排出を確保することが望ましいようです。
 換気棟       

 写真:棟換気 株)ハウゼコの換気棟スピカ引用

少し補足ですが、
上記写真(スピカ)から換気棟のイメージはこれでつくでしょうか?

軒先に外気の吸気口を作り通気層を通って
屋根の一番高い位置(棟)で排出されるように設計します。
これで、内部に溜まる湿気等は排出できる仕組みが出来上がります。

 

現在は、昔の隙間風が吹くような家の造りは無く、気密性が高く
断熱性の高い設計がされていることから このような知識や商品も欠かせません。

悪魔の証明

雨漏り診断士の間でよく使われる言葉ですが
「雨が漏れていない」ことを証明する、または雨漏り具象を確認する
ことなく「雨が漏れている」ことを証明するのは非常に困難なことです。

たとえば、

大阪に狸がいることを証明するには
狸を一匹捕まえれば済むことですが、狸がいないことを
証明するには大阪中のありとあらゆる地域をくまなく探さなければ
ならなくなり、現実的に困難であり、証明することは不可能に近いと考えられます。

ましてやA様が雨漏りを確認していない
状況では、悪魔の証明に近い内容であるともいえます。

もっというと・・・

10時間の散水調査をしたが雨漏りが確認できないとします。
では、「この家は雨漏りしていませんね。」と言い切れるでしょうか
もしかしたら11時間の散水をおこなえば雨漏りが確認できるかもしれない?

なので、・・・

雨漏り具象が確認されること
浸入口や原因を検証する前提条件になってくるのです。

もちろん、親しくお付き合いをさせていただいてる一級建築士さんも
雨漏りのエキスパートなので、ここら辺の前提条件をよく理解されています。

今回の検証を実施する事になったのは、
結露にしては余りにもひどい状態である事や
建物の納まりに無理が多いことが決めてというか、後押しとなったようです。

調査当日、一級建築士さんから
「坂元さん、頼むよー!」てぇ、笑いながら言われた。

難しいこと・・分ってるくせに・・・(^^:)

散水調査

さて、雨漏り調査は
浸出口や外部の不具合箇所・建物の構造を吟味しながら
雨水の浸入経路を仮説づけて散水ポイントを決めていきます。

さらっと言ってますが
入り口を間違えれば出口も間違う・・・などの
ことわざもあるように、すべては仮説に調査の結果が伴ってくる

理屈は分かっているけど・・・
今回は雨水の浸出口が確認できていない。

おまけに野地裏は断熱材と湿気で
水滴が溜まっている状態なので目視では全く判断ができない状態です。

普通サイズの家ですが、
調査ポイントを決めるには途方もなく ひろーい屋根に見える。

頭の中の仮説をイメージすると、まるで苦手な数学の
公式のような感じで・・(浸入口a +浸出口 b)2 = 雨漏り・・・的な暗号状態・・

あかん…あかんやん…仮説が成り立たんやんか・・・(^^:)

散らかった頭の中を整理しながら手順を考える
1. 小屋裏に上がり野地裏の水滴や腐朽 の一番多いところを探す。
2. さらに、水滴が多かった近くの外部の納まりが悪いところを探す。

シンプルにこの2点に絞って検証を試みることにした。
しかし、午前中は浸出しないので昼ご飯を済ませ、また、すぐに検証開始。

こうなってくると、
焦りというかボヤキに近い状態で葛藤が始まる・・・

なんで通気も考えずに屋根断熱してるんやろう・・・
そもそも天井断熱でえーやんか・・・みたいな勝手な事を考え出す。・・・(笑

雨漏りを確認

1時ごろに浸出を確認。

少し事情のある案件なので関わった方にご迷惑が掛からぬよう、写真で多くを
解説することは出来ませんが、野地裏と垂木の間から雨漏りを確認しました。(^^)
この後、他のポイントからも浸出する。

今回のメカニズムをまとめると

1.雨漏りが発生する
   ↓
2.屋根断熱(グラスウール)に雨水が吸水する
   ↓
3.断熱材に吸水した雨水が温まることで気化
   ↓
4.換気ができていない事も重なり広範囲で結露を繰り返す

分かれば、なんだこれが原因か・・・みたいなノリですが、
そこに行きつくまでが大変。てか、今回の話は前提条件が特殊。…(笑

ふたを開けてみると
お面白かったが少し おなか一杯の気分であった

が・・・

先生から「坂元さん、次の案件があるんだけど。」と、
話を切り出してきて「〇×△のややこしい話で、×〇〇△の案件を手伝ってくれる。」

私「・・・・あっ、・・・はい。・・・」

また、とんでもないボリューム案件が舞い込んでくるみたいです。
しかしなんですね、いくら雨漏りのプロとはいへ普通では経験することの出来ない話ばかり。
良いご縁に恵まれました。ブログネタには実に面白いはなし・・・望むところです!! (^^)